渡千枝君は、図形が女児アニメっぽくなくていいです

渡千枝君は、図形が女児アニメっぽくなくていいです。女児アニメホラーなので、ちょっぴり大人っぽい図形が怖さを引き立てます。

 

「夕焼けの鎮魂歌」は「死霊の花嫁」という単行図書に収録されて掛かる話です。

とある豪邸に集められた、見ず知らずの男女数人がひっきりなしに殺生されていきます。なぜ豪邸に集まったかというと、ミリオネアーの遺産を授受やるという情報が届いたからです。ヒロインの女児は、そんなミリオネアーってなんの仲も弱いけど、くださるならもらおう…という感じでやってきました。

 

豪邸に付くって、集まった数人で昔の処刑装備を見せられます。鳥かごの中に人物を入れて、それを囮に鳥が人物を食べて出向く処刑や、腸を回し車で引き抜いて行く処刑などがありました。しかも、蝋姿でリバイバルされています。そうして、集まった数人はその処刑方法で殺されていくのです。一体、犯人は何方です?というミステリーホラーだ。

 

話題バレですが、犯人は亡くなったミリオネアーのおかあさんとそのお子さんだ。一見すると、ミリオネアーという関係ない自身を集めたように見えますが、ミリオネアーにとりまして恨みがある自身ばっかりでした。その恨みは、買いたくて買ったわけじゃないグッズもあります。俺は談話よりも、処刑の蝋姿がショッキングでした。